超ハードだけど短時間で脂肪を燃やす高強度インターバルトレーニング

短時間で効率的に脂肪を燃焼できるトレーニング法があるのをご存じですか?それは、HIIT(高強度インターバルトレーニング)です。HIITは高強度の運動と低強度の運動あるいは休息を交互に繰り返し行っていくトレーニング法です。

 

例えば、全速力ダッシュを15秒行ったら、次の30秒はウォーキングといった感じでこれを3セット~10セット程度繰り返していきます。

ポイントは高強度の運動で心拍数を最大心拍数の80%以上に持っていくことです。最大心拍数は、208-0.7×年齢で求められます。

 

ただ、最大心拍数がわかったところで心拍計を持っていなければ、運動中自分が今どのくらいの心拍数なのかわからないですよね。

心拍計はそれほど高いものではないので購入するのもありだと思いますが、買いたくないという場合、最大心拍数の80%以上の目安は、運動中の呼吸がハッハッとなるくらいだと思ってください。かなり苦しい状態です。

 

HIITは高強度の運動で心拍数が上がり、呼吸がハッハッと苦しくなったところで数秒間の低強度の運動あるいは休息を挟みます。でも、数秒間では心拍数も呼吸も整いません。苦しい状態でまた次の高強度の運動が始まります。これを数セット繰り返すわけなので、かなりハードなトレーニングです。

 

HIITトレーニングで有名なものに、タバタ式トレーニング(TABATA PROTOCOL)というものがあります。タバタ式では、20秒間の全力運動と10秒間の休息を8セット、計4分間の運動を行います。

 

HIITは運動内容を選びません。筋トレ、水泳、ランニング、自転車など様々な運動シーンで取り入れることが出来ます。もちろんエアロバイクに取り入れることも可能です。

運動する時間がなかなかとれない忙しい人は試してみてはいかがでしょうか?ただ、本当にハードですよ。その代わり続けられれば短時間で長時間運動を行った人と同じような効果を得ることができるとされています。

 

HIITやタバタ式のアプリも存在します。20秒10秒といった時間をカウントしてくれるアプリや、指示された筋トレをカウントされる時間内に行うようなものなど。

私も過去にタバタ式のインターバルトレーニングをアプリを使ってやったことがあります。結果は、ハード過ぎてついて行けず二日坊主になりました。私は運動する時間がないほど忙しい人間ではないので、60分かけてエアロバイクを漕ぐ方向で頑張っていこうと思います。