【動画】フライパンで麺を茹でると噴きこぼれないは本当なのか?

麺類を茹でるときは深めの鍋に水を入れて沸騰したら麺を投入して、菜箸かなんかでちまちまかき混ぜながら吹きこぼれないように見張ってるのが一般的だと思うんだけど、それでもほんの1、2秒テレビ画面に目を奪われた隙に鍋から白い泡がもこもこもこ~って溢れ出て「うわ~!」ってなっちゃうんですよね。

「目を離すからいけないんだよ」なんて正論は言われなくたってわかってますよ。でも一瞬くらいいいじゃない。さっきまで吹きこぼれる気配もなかったくせに「なんで今なの?」と逆に問いたい。

ところがです!

そんな注意力散漫な私でも麺類を吹きこぼさずに茹でることができる方法があるらしいのです。実際にやってみたので是非ご覧ください。

麺類を吹きこぼさずに茹でる方法!

それはフライパンで茹でる。

たったそれだけ。オーマイガー

私のこれまでの吹きこぼれ人生はいったいなんだったのでしょう。お陰様でコンロがいつもキレイです。ありがとうございます。

で、フライパンで茹でるだけで本当に吹きこぼれないのか実際にやってみたので動画を見てください。

麺類を吹きこぼさずに茹でる方法

はい、いかがですかー?

見ての通り、フライパンで茹でるだけで本当に吹きこぼれませんでした。しかも対流によって麺同士がいい感じにほぐれてくれます。

これならテレビのチラ見どころか、ささっとトイレだって行けちゃいます。(トイレの長さは人それぞれだし、火を扱ってるのでその辺は自己責任でお願いしますよ。)

そうトイレと言えば、なんで女子トイレってあんなに混んでてみんななかなか出てこないんでしょうねー。あとから入った私が出てきてもまだ先発組のドアは閉まったままなんてことが多々あります。寝てんのか?って思うほど疑問。家のトイレじゃあるまいし寛ぎすぎでしょ。

まぁとにかく、フライパンで茹でると吹きこぼれないとういのは事実でした!これは有り難いですね。

今回使ったフライパンはよくあるテフロン加工のフライパンです。使った麺はひやむぎ1束。

どれくらいの量までフライパンでいけるのかは検証していませんが、2束くらいは余裕でいけるんじゃないかな~って思います。