嘘だらけダイエット!セルライト・宿便・部分痩せ・デトックス

世の中にはダイエットや健康に関する情報が数えきれないほどあって、それらはいつの間にか新常識となり、誰もが知ってる当たり前の事実へと変化を遂げることがあります。

ところが、その事実が実は間違いだったり嘘っぱちだったとしたらビックリしませんか?今回はそんな事実に関する新事実のお話し。信じるか信じないかはあなた次第です!

そのダイエット情報全部ウソですよ!

セルライトは揉んでも潰しても消えません

太ももの裏側、お腹、二の腕にあるボコボコとしたセルライト、見た目が悪くてイヤですよね。

そんなセルライトをなくすには、「お風呂で血行をよくしてリンパに向かってマッサージしましょう、揉んだり摘まんだりも効果的」などと言われていますが、そんなことしたってセルライトはなくなりません。だってセルライトは皮下脂肪なんだから。

皮下脂肪がマッサージで消えるなら、太ってて悩んでる人なんかこの世の中にいないことになりますよ。セルライトをなくしたいなら痩せること意外にありません。

 

それから、筋肉不足がセルライトを余計に目立たせていることもあります。試しにお尻を両手で持ち上げてみてください。太ももの裏側にあるセルライトが目立たなくなります。垂れ尻がセルライトを招いているんです。マッサージなんかよりもヒップアップに効く筋トレをした方が効果的です。

ただし、どんなに筋トレを頑張ったところで、筋肉は皮下脂肪の下にあるので、ある程度皮下脂肪をなくさないことには筋肉が表面化することはありません。

宿便なんてものは存在しない

「腸にこびりついて長期間排出されていない宿便をスッキリ全て出し切ると-3kgも体重が減ることがあります、宿便を出すには断食がオススメです!」などと言われていますが、その宿便とはただの便秘の便のことであって、腸にこびりついた「特別な宿便」などというものは存在しません。

 

もし長期間排出されない便が腸内にあったとしたら、その時は体調を崩しているだろうし、実際に便秘で亡くなった人も存在しています。解剖するとカチカチに固まった便が腸に6~7kgも詰まっていたそうです。

 

断食中に出た便を宿便であると言う説がありますが、それも違います。腸は24時間~48時間で新陳代謝して新しい細胞に生まれ変わり、そのときに古い細胞は便として排出されます。断食で出た便はそうした細胞の死骸に過ぎません。

部分痩せなんて出来ません

体がカロリー消費によって脂肪をエネルギーとして使うとき、下腹からのみ使います、というような都合の良い使い方はしてくれません。全身からまんべんなく使っていきます。だから、痩せるときはある部分だけが極端に痩せることはなくて、全身がまんべんなく痩せていきます。

 

ウエスト痩せに効果あり、二の腕痩せに効果ありといった筋トレやストレッチがありますが、これらに直接的な脂肪の減少効果があるわけではありません。筋肉を鍛えることによって消費エネルギーが増えた結果、全体的に脂肪が減って引き締まったように見えたということです。

 

痩せたい箇所をサランラップで巻いても、一生懸命マッサージしても、脂肪はエネルギーとして消費されない限り減ることはないんです。美容外科で脂肪吸引でもしない限り部分痩せは不可能です。

汗をかいてもデトックスにはならない

「サウナや岩盤浴、半身浴などでたっぷり汗をかいて、体に溜まった毒素や老廃物を排出しましょう、デトックスしましょう!」などと言われていますが、汗をかいたからって体から毒素が抜けて健康になるわけではないことが、最近、ある科学者たちによって発表されました。(詳しくはNIKKEI STYLEをどうぞ。)

ここでいう毒素とは残留性有機汚染物質(POPs)のことで、自然環境で分解されにくく、体内に蓄積されやすい、体に有害な物質のことを言います。(詳しくは環境省のPDFでどうぞ。)

 

でも実際、サウナや岩盤浴、半身浴でデトックス効果を期待している人の中にこうした毒素の排出を本気で期待している人はどれくらいいるんでしょう?なんとなくデトックスという体に良さそうな名前に惹かれて入浴しているだけな気がします。私もその1人です。

 

また、老廃物に至っては、便や尿からの排出が70%以上で汗からの排出はごく僅かとされています。

サウナや岩盤浴、半身浴で汗をかくのは気持ちがいいけど、デトックスという意味では残念ながら無意味な行為だったようです。